墨や

Sumiya
Suminagashi dyeing
Suminagashi dyeing
Sumiya
Sumiya
Suminagashi dyeing

2009年、京都・美山で創業。
薗部染工で墨流し染めの職人として2009年独立
京都の美山に工房を構える。

2009年、京都・美山で創業。
薗部染工で墨流し染めの職人として2009年独立
京都の美山に工房を構える。

2009年、京都・美山で創業。
薗部染工で墨流し染めの職人として2009年独立
京都の美山に工房を構える。

2009年、京都・美山で創業。
薗部染工で墨流し染めの職人として2009年独立。
京都の美山に工房を構える。

2009年、京都・美山で創業。
薗部染工で墨流し染めの職人として2009年独立。
京都の美山に工房を構える。

2009年、京都・美山で創業。
薗部染工で墨流し染めの職人として2009年独立。
京都の美山に工房を構える。

2009年、京都・美山で創業。
薗部染工で墨流し染めの職人として2009年独立。
京都の美山に工房を構える。

2009年、京都・美山で創業。
薗部染工で墨流し染めの職人として2009年独立。
京都の美山に工房を構える。

2009年、京都・美山で創業。
薗部染工で墨流し染めの職人として2009年独立。
京都の美山に工房を構える。

墨流し染めは平安時代に宮中で墨絵描いた模様を写しとり和歌をしたためたという
歴史のある染色技法です。
15mの水槽に水と糊を入れて、墨流しの染料で柄を描いていきます。
13mの反物を一気に染めるため失敗は許されません。
また、同じ柄が出来ないのも特徴です。

墨流し染めは平安時代に宮中で池に墨を浮かべてその紙に写しとり和歌をしたためたという歴史のある染色技法です。
15mの水槽に水と糊を入れて、墨流しの染料で柄を描いていきます。
13mの反物を一気に染めるため失敗は許されません。
また、同じ柄が出来ないのも特徴です。

墨流し染めは平安時代に宮中で墨絵描いた模様を写しとり和歌をしたためたという歴史のある染色技法です。
15mの水槽に水と糊を入れて、墨流しの染料で柄を描いていきます。
13mの反物を一気に染めるため失敗は許されません。
また、同じ柄が出来ないのも特徴です。

墨流し染めは平安時代に宮中で墨絵描いた模様を写しとり
和歌をしたためたという歴史のある染色技法です。
15mの水槽に水と糊を入れて、墨流しの染料で柄を描いていきます。
13mの反物を一気に染めるため失敗は許されません。
また、同じ柄が出来ないのも特徴です。

墨流し染めは平安時代に宮中で池に墨を浮かべてその紙に写しとり和歌をしたためたという歴史のある染色技法です。
15mの水槽に水と糊を入れて、墨流しの染料で柄を描いていきます。
13mの反物を一気に染めるため失敗は許されません。
また、同じ柄が出来ないのも特徴です。

墨流し染めは平安時代から行われてきた歴史のある染色技法です。
15mの水槽に柄を描いていきます。
13mの反物を一気に染めるため失敗は許されません。また、同じ柄が出来ないのも特徴です。

墨流し染めは平安時代に宮中で墨絵描いた模様を写しとり和歌をしたためたという歴史のある染色技法です。
15mの水槽に水と糊を入れて、墨流しの染料で柄を描いていきます。
13mの反物を一気に染めるため失敗は許されません。
また、同じ柄が出来ないのも特徴です。

墨流し染めは平安時代に宮中で池に墨を浮かべてその紙に写しとり和歌をしたためたという歴史のある染色技法です。
15mの水槽に水と糊を入れて、墨流しの染料で柄を描いていきます。
13mの反物を一気に染めるため失敗は許されません。
また、同じ柄が出来ないのも特徴です。

墨やのDNA

墨流し染め追求し、独立。
いかに美しい流れがある柄を表現できるか?そして13mの反物を最初から最後まで同じ柄で作る難しさを体感しながら新しい柄にチャレンジしています。

墨流し染め追求し、墨流し染めで独立し工房を構えました。
約38㎝幅の着物の反物にいかに美しい流れがある柄を表現できるか?そして13mの長さの反物を最初から最後まで同じように柄を作る難しさを体感しながら新しい柄にチャレンジしています。
墨流しは失敗が許されない技法です。

墨流し染め追求し、墨流し染めで独立し工房を構えました。約38㎝幅の着物の反物にいかに美しい流れがある柄を表現できるか?そして13mの長さの反物を最初から最後まで同じように柄を作る難しさを体感しながら新しい柄にチャレンジしています。墨流しは失敗が許されない技法です。

墨流し染め追求し、独立。
いかに美しい流れがある柄を表現できるか?そして13mの反物を最初から最後まで同じ柄で作る難しさを体感しながら新しい柄にチャレンジしています。

墨流し染め追求し、独立し工房を構えました。
墨流しは失敗が許されない技法。
約38㎝幅の反物にいかに美しい流れがある柄を表現できるか?そして13mの長さの反物を最初から最後まで同じように柄を作る難しさを体感しながら新しい柄にチャレンジしています。

墨流し染め追求し、墨流し染めで独立し工房を構えました。墨流しは失敗が許されない技法。
約38㎝幅の着物の反物にいかに美しい流れがある柄を表現できるか?そして13mの長さの反物を最初から最後まで同じように柄を作る難しさを体感しながら新しい柄にチャレンジしています。

墨やのDNA

墨流し染め追求し、独立。
いかに美しい流れがある柄を表現できるか?そして13mの反物を最初から最後まで同じ柄で作る難しさを体感しながら新しい柄にチャレンジしています。

墨流し染め追求し、独立し工房を構えました。
墨流しは失敗が許されない技法。
約38㎝幅の反物にいかに美しい流れがある柄を表現できるか?そして13mの長さの反物を最初から最後まで同じように柄を作る難しさを体感しながら新しい柄にチャレンジしています。

墨流し染め追求し、墨流し染めで独立し工房を構えました。墨流しは失敗が許されない技法。
約38㎝幅の着物の反物にいかに美しい流れがある柄を表現できるか?そして13mの長さの反物を最初から最後まで同じように柄を作る難しさを体感しながら新しい柄にチャレンジしています。

墨やのDNA
強み

墨流しを継承する染工場は少なくなりました。
今までの技術に、お客様からの意見を反映して染めることには大きな可能性を感じます。
墨流しの道具もすべて私の手作りで、どのような道具を作ればどのような柄を描けるか?ここには職人としての勘と経験が必要になってきます。
自分がコントロールできることがモノづくりにとっては大切だと思っています。

墨流しを継承されている染工場は少なくなってきています。今までの技術に、お客様からのいろいろな意見を反映して染めることには大きな可能性を感じます。墨流しの道具もすべて私の手作りで、どのような道具を作ればどのような柄を描けるか?ここには職人としての勘と経験が必要になってきます。このようにすべてを自分がコントロールできることがモノづくりにとっては大切だと思っています。

強み

墨流しを継承する染工場は少なくなりました。
今までの技術に、お客様からの意見を反映して染めることには大きな可能性を感じます。
墨流しの道具もすべて私の手作りで、どのような道具を作ればどのような柄を描けるか?ここには職人としての勘と経験が必要になってきます。
自分でコントロールできることがモノづくりにとっては大切だと思っています。

墨流しを継承されている染工場は少なくなってきています。今までの技術に、お客様からのいろいろな意見を反映して染めることには大きな可能性を感じます。墨流しの道具もすべて私の手作りで、どのような道具を作ればどのような柄を描けるか?ここには職人としての勘と経験が必要になってきます。このようにすべてを自分がコントロールできることがモノづくりにとっては大切だと思っています。

強み

今までの技術+お客様の意見を反映して染めることには大きな可能性を感じます。
道具が全て私の手作りで、どのような道具を作ればどのような柄を描けるか?ここには職人としての勘と経験が必要になってきます。

墨流しを継承する染工場は少なくなりました。
今までの技術に、お客様からの意見を反映して染めることには大きな可能性を感じます。
墨流しの道具もすべて私の手作りで、どのような道具を作ればどのような柄を描けるか?ここには職人としての勘と経験が必要になってきます。
自分でコントロールできることがモノづくりにとっては大切だと思っています。

墨流しを継承されている染工場は少なくなってきています。今までの技術に、お客様からのいろいろな意見を反映して染めることには大きな可能性を感じます。墨流しの道具もすべて私の手作りで、どのような道具を作ればどのような柄を描けるか?ここには職人としての勘と経験が必要になってきます。このようにすべてを自分がコントロールできることがモノづくりにとっては大切だと思っています。

previous arrow
next arrow
Slider

今までの取り組み

着物を中心に、ストールや革などいろいろな素材にチャレンジしています。
また、墨流しだけではなく、複合加工による商品開発も行っています。

これから目指すもの

着物の柄は奥が深いので、まだまだ突き詰めていきます。
時代に合った色や柄や複合技法で、お客様に感動を与えられるようなものづくりを目指します。
そして、墨流しの可能性を広げ、着物以外の商品や異素材へのチャレンジも続けていきます。