創作小倉

sousaku Ogura
sousaku Ogura
Sousakuogura
Tsujigahana dying
Tsujigahana
dying
sousaku Ogura
Sousakuogura
Tsujigahana
dying
Tsujigahana dyeing

約40年間辻が花染めを中心に染色を行っています。工場内には引きぞめの作業場まであり一貫工程を行っています。

約40年間辻が花染めを中心に染色を行っています。
工場内には引きぞめの作業場まであり一貫工程を行っています。

約40年間辻が花染めを中心に染色を行っています。工場内には引きぞめの作業場まであり一貫工程を行っています。

約40年間辻が花染めを中心に染色を行っています。工場内には引きぞめの作業場まであり一貫工程を行っています。

約40年間、辻が花染めを中心に染色を行っています。
工場内には引きぞめの作業場まであり一貫工程を行っています。

約40年間辻が花染めを中心に染色を行っています。工場内には引きぞめの作業場まであり一貫工程を行っています。

約40年間、辻が花染めを中心に染色を行っています。工場内には引きぞめの作業場まであり一貫工程を行っています。

約40年間辻が花染めを中心に染色を行っています。
工場内には引きぞめの作業場まであり一貫工程を行っています。

約40年間辻が花染めを中心に染色を行っています。工場内には引きぞめの作業場まであり一貫工程を行っています。

約40年間、辻が花染めを中心に染色を行っています。工場内には引きぞめの作業場まであり一貫工程を行っています。

約40年間、辻が花染めを中心に染色を行っています。
工場内には引きぞめの作業場まであり一貫工程を行っています。

約40年間、辻が花染めを中心に染色を行っています。
工場内には引きぞめの作業場まであり一貫工程を行っています。

辻が花染めは室町時代~桃山時代にかけて行われたと思われる染色。
絞り染の中に筆で、主に花・鳥などを描いたものです。
短い間に流行り、その後、こつ然と消えてしまった「幻の染」。
手捺染でその柄を表現し絞り染をほどこし現在にその染を蘇らせました。

辻が花染めは室町時代後半から桃山時代末にかけて行われたと思われる染色で、絞り染の中に筆で、主に花・鳥などを描いたものです。
短い間に流行り、その後、こつ然と消えてしまった
「幻の染」手捺染でその柄を表現し絞り染をほどこし現在にその染を蘇らせました。

辻が花染めは室町時代後半から桃山時代末にかけて行われたと思われる染色で、絞り染の中に筆で、主に花・鳥などを描いたものです。
短い間に流行り、その後、こつ然と消えてしまった
「幻の染」と言われています。手捺染でその柄を表現し絞り染をほどこし現在にその染を蘇らせました。

辻が花染めは室町時代~桃山時代にかけて行われたと思われる染色。絞り染の中に筆で、主に花・鳥などを描いたものです。
短い間に流行り、その後こつ然と消えてしまった「幻の染」。
手捺染でその柄を表現し絞り染をほどこし現在にその染を蘇らせました。

辻が花染めは室町時代後半から桃山時代末にかけて行われたと思われる染色で、絞り染の中に筆で、主に花・鳥などを描いたものです。
短い間に流行り、その後、こつ然と消えてしまった「幻の染」
手捺染でその柄を表現し絞り染をほどこし現在にその染を蘇らせました。

辻が花染めは室町時代後半から桃山時代末にかけて行われたと思われる染色で、絞り染の中に筆で、主に花・鳥などを描いたものです。
短い間に流行り、その後、こつ然と消えてしまった
「幻の染」と言われています。手捺染でその柄を表現し絞り染をほどこし現在にその染を蘇らせました。

辻が花染めは室町時代~桃山時代にかけて行われたと思われた染色。
絞り染の中に筆で、主に花・鳥などを描いたものです。
短い間に流行り、その後、こつ然と消えてしまった「幻の染」。
手捺染でその柄を表現し絞り染をほどこし現在にその染を蘇らせました。

辻が花染めは室町時代後半から桃山時代末にかけて行われたと思われる染色で、絞り染の中に筆で、主に花・鳥などを描いたものです。
短い間に流行り、その後、こつ然と消えてしまった「幻の染」
手捺染でその柄を表現し絞り染をほどこし現在にその染を蘇らせました。

辻が花染めは室町時代後半から桃山時代末にかけて行われたと思われる染色で、絞り染の中に筆で、主に花・鳥などを描いたものです。
短い間に流行り、その後、こつ然と消えてしまった
「幻の染」と言われています。手捺染でその柄を表現し絞り染をほどこし現在にその染を蘇らせました。

辻が花染めを追求して、こだわりの染を行ってきました。そのデザインアーカイブは多く、
そのデザインや技術が引き継がれています。
柄は手捺染にこだわり、技術を高めています。

辻が花染めを追求して、
こだわりの染を行ってきました。
そのデザインアーカイブは多く、
そのデザインや技術が引き継がれています。
柄は手捺染にこだわり、技術を高めています。

辻が花染めを追求して、こだわりの染を行ってきました。
そのデザインアーカイブは多く、そのデザインや技術が引き継がれています。
柄は手捺染にこだわり、技術を高めています。

辻が花染めを追求して、こだわりの染を行ってきました。
そのデザインアーカイブは多く、そのデザインや技術が引き継がれています。
柄は手捺染にこだわり、技術を高めています。

創作小倉のDNA
創作小倉のDNA

辻が花染めを追求して、こだわりの染を行ってきました。
そのデザインアーカイブは多く、

そのデザインや技術が引き継がれています。
柄は手捺染にこだわり、技術を高めています。

辻が花染めを追求して、
こだわりの染を行ってきました。
そのデザインアーカイブは多く、
そのデザインや技術が引き継がれています。
柄は手捺染にこだわり、技術を高めています。

辻が花染めを追求して、こだわりの染を行ってきました。
そのデザインアーカイブは多く、そのデザインや技術が引き継がれています。
柄は手捺染にこだわり、技術を高めています。

創作小倉のDNA

辻が花染めを追求して、こだわりの染を行ってきました。
そのデザインアーカイブは多く、そのデザインや技術が引き継がれています。
柄は手捺染にこだわり、技術を高めています。

辻が花染めを追求して、
こだわりの染を行ってきました。
そのデザインアーカイブは多く、
そのデザインや技術が引き継がれています。
柄は手捺染にこだわり、技術を高めています。

辻が花染めを追求して、こだわりの染を行ってきました。
そのデザインアーカイブは多く、そのデザインや技術が引き継がれています。
柄は手捺染にこだわり、技術を高めています。

引き染と捺染を行い、社内一貫工程を行っているので染のクオリティーが高まります。
職人は少ないですが、マルチプレーヤーが揃っており、それぞれが染めています。

当社は、引き染と捺染を行っています。
この捺染を行う捺染台が回転台と言う捺染台を使っており、染に対する工場内の設備は整っています。
職人は少ないですが、マルチプレーヤーが揃っており、それぞれが染めています。
また、社内一貫工程を行っているので染のクオリティーが高まります。

当社は、2Fでは引き染を、1Fでは捺染を行っていますが、この捺染を行う捺染台が回転台と言う捺染台を使っており、染に対する工場内の設備は整っています。回転台は、省スペースで反物が染められる設備です。職人は少ないですが、マルチプレーヤーが揃っており、それぞれが染めています。また、社内一貫工程を行っているので染のクオリティーが高まります。

強み
強み
強み

引き染と捺染を行い、社内一貫工程を行っているので染のクオリティーが高まります。
職人は少ないですが、マルチプレーヤーが揃っており、それぞれが染めています。

当社は、引き染と捺染を行っています。
回転台と言う捺染台を使っており、省スペースで効率よく染めることが可能な設備があります。
職人は少ないですが、マルチプレーヤーが揃っており、それぞれが染めています。
また、社内一貫工程を行っているので染のクオリティーが高まります。

当社は、2Fでは引き染を、1Fでは捺染を行っていますが、この捺染を行う捺染台が回転台と言う捺染台を使っており、染に対する工場内の設備は整っています。回転台は、省スペースで反物が染められる設備です。職人は少ないですが、マルチプレーヤーが揃っており、それぞれが染めています。また、社内一貫工程を行っているので染のクオリティーが高まります。

引き染と捺染を行い、社内一貫工程を行っているので染のクオリティーが高まります。
職人は少ないですが、マルチプレーヤーが揃っており、それぞれが染めています。

当社は、引き染と捺染を行っています。
この捺染を行う捺染台が回転台と言う捺染台を使っており、染に対する工場内の設備は整っています。
職人は少ないですが、マルチプレーヤーが揃っており、それぞれが染めています。
また、社内一貫工程を行っているので染のクオリティーが高まります。

当社は、2Fでは引き染を、1Fでは捺染を行っていますが、この捺染を行う捺染台が回転台と言う捺染台を使っており、染に対する工場内の設備は整っています。回転台は、省スペースで反物が染められる設備です。職人は少ないですが、マルチプレーヤーが揃っており、それぞれが染めています。また、社内一貫工程を行っているので染のクオリティーが高まります。

previous arrow
next arrow
Slider


これまでの取り組み

着物一筋に頑張っています。
辻が花染めを中心に、訪問着や振袖・附下・染帯等いろいろなアイテム展開を広げています。
また、辻が花の「吉野一廉」というブランドのブランディングを行っています。

これから目指すもの

辻が花染めを中心に、和のアイテムを着物以外にも広め、辻が花染めの良さを、お客様に身近に感じていただけることを目指します。
現代のライフスタイルに合った着ていただきやすい着物を提案します。